一流講演家のための通訳サービス

通訳に関する用語集

「同時通訳とはどのような通訳ですか?」「ウィスパリングとは何ですか?」など、通訳業界の用語について

同時通訳とは

通訳者が専用ブース内でスピーカー(話し手)の声を聴きながら通訳します。発言内容とほぼ同時に通訳内容が伝わる形式で、聞き手は耳にイヤホンをつけて、そのイヤホンを通して話を聞きます。講演会・セミナー・シンポジウム・研修会などでよく用いられます。話し手と通訳者がほぼ同時に話すため、決められた時間内で通訳が必要な場合に最適です。 また、同時通訳の場合、通訳者は話し手の話を聞きながら話すことになり、とても集中力を要す、且つ難易度の高い業務です。このため、1回の訳出しは15分程度が限界となり、通訳者は15分交代で業務を遂行します。よって、3時間の業務でも2名体制、3時間以上の業務であれば3-4名でのご手配となります。人数等に関してはスケジュールや専門性などによってご相談させて頂きます。 同時通訳の機材等設備が別途必要となります。機材等の手配についても気軽にご相談ください。

page top

逐次通訳とは

スピーカー(話し手)がある程度のまとまりで区切りながら発言し、それを追って通訳することを繰り返す形式です。商談や少人数でのビジネス会議によく用いられます。話し手と通訳が交互に話すため、会話の内容の2倍程度の時間がかかります。休憩時間を含んだ3時間以内であれば1名の通訳者で対応可能ですが、それを超える場合は、2-3名体制になります。

page top

ウィスパリング通訳とは

聞き手が1-2名までに限定される場合に用いられる同時通訳です。通訳者は聞き手の後ろや横に座り、他の聞き手の迷惑にならない程度の小声で訳出します。また無線型の機材を通じての同時通訳もこの類に含まれます。通訳者が聞き手の耳元でささやくように通訳をすることからウィスパリングという名前がついています。日本語主体の会議に日本語がわからない方が1-2名参加する会議や、逆に英語主体の会議で英語がわからない方が1-2名参加する会議でよく用いられます。同時通訳と同様、集中力を要する難易度の高い業務のため、15分交代で通訳を行います。3時間以内であれば2名体制、3時間以上の業務であれば3-4名での手配となります。

page top

通訳者とは

外国語が流暢なだけが通訳者ではありません。通訳の専門訓練を受け、さらに言葉の主旨・目的を理解し、言わんとすることをお伝えする、発表者の「声」となるべく存在。それが通訳者です。ご依頼の内容に応じ、最適な通訳者を手配します。 日本通訳サービスは業界経験豊富、専門用語などにも精通し、話し手と聞き手をつなぐことを喜びとするコミュニケーションのプロフェッショナルのみを通訳者として採用しています。

page top

日本通訳サービスのAコース通訳とは

拘束・実働ともに3時間以内の通訳を指します。 通訳派遣人数の目安は以下の通りです。

  • 同時通訳・ウィスパリング通訳:2名
  • 逐次通訳:1名

page top

日本通訳サービスのBコース通訳とは

拘束7時間以内、実働6時間以内(休憩1時間)の通訳を指します。通訳派遣人数の目安は以下の通りです。

  • 同時通訳:3-4名
  • 逐次通訳:2―3名

page top

延長とは

ご依頼の会議や研修などが延長する場合、お客様からのご指示により契約時間を越えた通訳業務に対応させていただくことがあります。通訳者のスケジュールや延長時間によっては、対応いたしかねる場合もございます。延長時間に応じて延長料金を頂戴しております。 通訳者の集中力維持、品質維持の観点から、30分から60分(30分単位で承ります)を限度とさせていただいております。延長の可能性が高い場合は、あらかじめお知らせください。通訳者の人数を増やすなど、万全の体制で手配いたします。

page top

打合せとは

通訳者がお客様(講演者、会議出席者)と事前にお打ち合わせさせていただくことも可能です。事前に資料を受領し準備をした上で、用語の確認や発言内容についての変更の有無など、詳細を最終的に確認させていただくことができます。 聞き手に最大限伝わる通訳ができるよう事前の資料ご提供に加え、できる限り打合せの時間も取らせていただいたいと考えております。ただし、打合せも含めた拘束時間に応じて料金が発生いたします。詳しくはお問合せください。

page top

事前資料とは

通訳者が事前にお預かりして、当日に備えて勉強させていただく資料を指します。業界に精通した実績豊富な通訳者を手配いたしますが、日夜その分野でビジネスをされ、研究を重ねていらっしゃる会議の参加者の方と比べますと、通訳者は専門家とはいいきれません。当日使用される資料と出来る限りの参考資料を事前に戴いて勉強させていただくことによって、通訳パフォーマンスを可能な限り上げることができます。

事前資料の類としては

  • 当日のアジェンダやプログラム
  • 講演者プロフィール、これまでの講演、論文、著作等
  • ご参加者のお名前とご所属部署名など(日本語・対象言語併記をお願いしております)
  • プレゼンテーション資料
  • スピーチなどの原稿
  • ご参加者の手元資料等
  • 参考資料(参考文献、スピーカーの著書等)
  • 前回会議の議事録
  • 社内用語集

また、日本通訳サービスではお客様との信頼関係を第一に考えております。会議資料は極めて機密性の高いものと認識しており、具体的な業務に入る前に機密保持契約を結ばせていただきます。また通訳者とは守秘義務契約を締結しております。お預かりした資料は細心の注意をもって取り扱い、会議終了後ただちにご返却または処分いたします。

page top

コーディネーターとは

お問い合わせからお見積り、通訳者手配、会議終了に至るまで責任を持って担当させていただくスタッフです。ご質問、ご要望をご遠慮なくお寄せください。 講演や会議の実施背景など、資料からは読み取りづらい内容もコーディネーターを介して通訳者にお伝えし、万全の準備をもって当日に臨むことができます。

page top

仮手配とは

開催8日前までに限り、通訳者のスケジュールを仮におさえることを指します。「日程は確定していないが、念のため通訳者をおさえておきたい」などという場合にご利用ください。通訳者のご指名も承ります。

page top

キャンセル料金とは

お客様のご都合により、正式発注後にキャンセルされた場合、以下のキャンセル料金を申し受けます。日時変更も含めてキャンセル料の対象になりますのでご注意下さい。

7-4営業日前キャンセル 見積書通訳料の30%
3-2営業日前キャンセル 見積書通訳料の50%
1営業日前-当日キャンセル 見積書通訳料の100%

page top

機密保持契約とは

通訳業務は、多くの場合、極めて機密性の高い情報や個人情報を含む資料の取り扱いを伴います。お客様に安心してお任せいただけるよう、機密保持契約締結を前提に業務に入らせていただきます。また、通訳者とも守秘義務契約を締結し、機密保持に努めることを最優先事項として徹底しております。

まずはお問い合わせください

page top

無料相談窓口

講演依頼・取材依頼はこちらから

関谷英里子ブログ

翻訳サービスのご案内

NHKラジオ入門ビジネス英語 講師

カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳

twitter 英会話オススメハッシュタグ